2011年04月15日(金)

ワードプレスでドメインのみ引越しする際の手順(コアサーバーからコアサーバーへ)

すでに取得したドメインのサブドメインで簡単なブログを開始して、続けていくうちに独立したドメインに変更したくなる場合などがあると思います。

そんなときに行う「ドメインだけ変更の引越し」手順をまとめました。

ここではコアサーバーを使っていますが、同じサーバー間での作業なら、基本あまり他でも変わらない手順になるかと思います。

新しい場所へファイルの移動
まずはFTPから、移転前ドメインに入っているファイルを一旦ローカルの任意の場所にコピー保存します。
wp-change-domain-same-hostingserver-01

今度はそれらのファイルを新しいドメインのスペースにすべてアップロードします。
wp-change-domain-same-hostingserver-02

データベース(MySQL)のエクスポート
一旦FTPから離れて、今度はコアサーバーのデータベースにログインします。
どのデータベース名を使用しているか忘れてしまった場合は、先ほどダウンロードしたルートフォルダにあるファイル「wp-config.php」の24~33行目付近にデータベース名やパスワードが記載されています。

該当のデータベースを選択してエクスポートに進みます。

wp-change-domain-same-hostingserver-03

該当のテーブル(プリフィックス)を選択します。
どのテーブルを使っているか忘れてしまった場合は、先ほどと同じく「wp-config.php」の64行目付近に記載されています。

エクスポートの項目にあるSQLにチェックがあるのを確認し、「ファイルに保存する」項目にチェック。あとは画像の通りでOKです。

wp-change-domain-same-hostingserver-04

実行するをクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたSQLデータを書き換える
ダウンロードしたファイルを念のためバックアップをとってからテキストエディタで開きます。

テキストの置換ができてUTF-8のBOMなしで保存できるテキストエディタであれば問題ありませんが、ここではサクラエディタを使用します。

wp-change-domain-same-hostingserver-05

このデータ内の古いドメインを新しいドメインに書き換えます。

wp-change-domain-same-hostingserver-06

今回移転するのは「cmsmania.tk」から「cms.kakito.me」ですので画像のように入力してすべて置換して上書き保存します。

古いデータベース(MySQL)の削除とインポート

ふたたびデータベースに戻り、画面上にある「データベース: ※あなたのDB名」をクリックするとテーブル一覧が表示されるので、該当のテーブルすべてにチェックを入れて削除します(上の作業でバックアップをとっていなかった場合は再度ダウンロード保存しておきましょう)。

wp-change-domain-same-hostingserver-07

該当以外を選択して削除してしまうと元に戻せませんので、慎重に作業を行ってください。万が一を考えてDB全部のバックアップを取っておくと安心です。

先ほど削除した部分に、今度は新しいドメインに書き換えたSQLをインポートします。

wp-change-domain-same-hostingserver-08

「インポート」に進んで上の作業で書き換えたSQLファイルを選択して「実行する」ボタンを押します。

新しいドメインへの301リダイレクト
旧ドメインにアクセスがあった場合に、瞬時に新しいドメインへリダイレクト(転送)をしてくれる方法です。

テキストエディタで下記のように記述して、それを「.htaccess」という名前で保存します。すでに.htaccessがある場合は追記してください。
「cmsmania.tk」から「cms.kakito.me」へ転送する例です。

Redirect permanent / http://cms.kakito.me/

※最後の行は必ず改行してください。(.htaccessのルール)
これを旧ドメインのサーバーのルートにアップロードします。

ファイル名の最初にドットがあるので、名前をつけて保存ができない場合は、一旦ドット抜きで保存して、サーバーにアップしてから「.htaccess」にリネームします。

これは301転送と呼ばれる方法で、サイト移転の際に一般的に使われる方法で、Googleなどの検索エンジンも推奨する転送方法です。
ただし、旧ドメインではもうサイト運営をしないという場合にのみ使ってください。
サーバー不調などで一時的に転送したい場合などには302転送という方法を使います。

最終チェック・調整
以上で移転作業が終了です。
使っているプラグインによっては表示に不具合を起こす場合があるので、外観や呼び出しコード部分が表示されているかなど、ブログ全体をチェックして引越しを完了させてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワードプレスでドメインのみ引越しする際の手順(コアサーバーからコアサーバーへ)
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

*」は入力必須項目


  • © 2010-2018 試行錯誤 All Rights Reserved.