2011年12月09日(金)

ツイッターのデザイン変更でサイズが変わってしまったツイートボタンの修正

8日にTwitterを新デザインに変更したと発表があったんですが、それに伴って公式ツイートボタンのデザイン&サイズが変更となったようです。

新旧を並べてみました。

旧ツイートボタンと新ツイートボタンの比較

パッと見で数px縦長になってカラーがシルバーに。
上の画像のように横長(verticalタイプ)のボタンを使っている場合は新旧であまり差はないんですが、横幅が狭いタイプのものを使っている場合は顕著にサイズが変わっています。

で、調べてみると横幅についてはどうやらサイズが変更されたのではなく、設置しているウェブサイトやブログの言語を自動で検出してテキスト部分を変更しているようです。

2011年12月08日(木)

WEBサイトやブログに記載するCopyright(コピーライト)の年を自動で更新する方法

初めて訪れたサイトがとてもデザインがよくて一目ぼれしても、フッター部分にあるコピーライト(著作権)部分が例えばこのように「Copyright © 2009」2年前の年度が表示されていたりすると、個人的にはちょっと残念な気持ちになったりしちゃいます。

実のところ、このCopyrightの表記はあってもなくても現在はコンテンツの権利は認められていますので、なくても別に構わない部分ではありますが、現実多くのサイトでこの表記が見られますし、見る人によっては信頼度がアップするかもしれませんので、書いておいて損はないと思います。

ただ、サイトを開設した年度だけを表記しておくと、例えば昨年にオープンしたサイトなどは1年くらい更新されていないかのようにも見えますので、「サイト開設年」「今年」の両方を表記しておきたいところです。
ただ年が変わるたびに更新もなかなか面倒・・・。

これらを解決してくれる「PHP」「Javascript」それぞれの自動更新方法をコードと表示例をあわせてご紹介します。

2011年11月23日(水)

Geeklogの「error.log」の場所は?

Geeklogプラグインのインストール説明のページなどで「インストールできなかった場合はエラーログ(error.log)をご覧ください。」などの記述を見かけると思います。

この「error.log」はどこにあるかというとここ。

公開領域/logs/error.log

インストール時に公開領域と非公開領域を分けたと思いますが後者の方のフォルダです。

2011年11月10日(木)

コアサーバーでWordPressの管理画面レイアウトが崩れてしまう時の対処方法

コアサーバーでWordPressを運営する場合、いくつかの不具合点が出てきます。
PHPがセーフモードで動作しているためで、解決方法としてCGIモードで動作させる必要があります。
コアサーバーで紹介しているのは.htaccessに「AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php」を記述する方法ですが、この方法だとWordPressの管理画面が崩れるなどの不具合が出てきます。

2011年11月05日(土)

ワードプレスで「工事中」画面を表示してくれるプラグイン「WP Maintenance Mode」

ワードプレスのテーマを変更してレイアウト調整などを行う場合など、一時的にブログを公開したくない場合などに活躍してくれるプラグインのご紹介。

「.maintenance」というファイルをワードプレスのあるフォルダトップに置くことでメンテナンスの告知画面を表示させる事もできるんですが、下記2つのいずれかのプラグインを使う事で見た目も良くいつまでにメンテナンスが終了するかの告知も出来ます。

もちろんログインした状態のユーザーにはメンテナンス画面は表示されず、通常運営しているのと同じ表示になります。

  • © 2010-2017 試行錯誤 All Rights Reserved.