2011年04月30日(土)

使っているサーバーの絶対パスをPHPで調べる方法

プラグインの設定などで、絶対パスの入力が必要になったりした場合、レンタルサーバーにログインして情報を探したり、ネット検索で調べると意外と時間がかかってしまったり、結局わからなかったり・・・

PHPが使える環境であれば、簡単に調べる事が出来ます。

<?php
echo __FILE__;
?>

2011年04月29日(金)

ワードプレスプラグイン「Custom More Link Complete」のSEOにいい初期設定

「Custom More Link Complete」は、ワードプレスで記事に<!–more–>を記述した際に表示されるmoreリンク・・・「続きを読む」のリンクをカスタマイズできるプラグインです。

初期設定のままだとアンカーテキストは「続きを読む」で、リンク先は「http://example.com/?p=777#more-184」のようにシャープが付いてしまいます。

このままでも特に大きな支障はないと思われますが、SEO(検索エンジン最適化)の面からみると、改善した方がいいといえます。

簡単に2点挙げると・・・

アンカーテキストの重複
トップページには記事がいくつか表示されていますが、そのすべてに同じリンク「続きを読む」と表示されています。検索エンジンからみると、飛び先の記事には「続きを読む」についての内容が書いてあると判断されてしまう点と、同じ文言でのリンクが複数あるのはいい状態ではありません(ユニーク化する必要がある)。
被リンク効果の分散
最近の検索エンジンは「http://example.com/?p=777#more-184」も「http://example.com/?p=777」も同じと判断してくれるようになりましたが、まだ別URLと見なされる事があります。
また、記事を評価してくれた他のユーザーがシャープありでリンクしてくれる人もいれば、なしでリンクする人もいると、被リンク効果が分散されることになります。

以上をふまえて「Custom More Link Complete」インストール後の、やっておいた方がいい設定を下記にまとめました。

「Custom More Link」という似た機能のプラグインもありますが、より細かい設定が出来る「Custom More Link Complete」がおすすめです。

インストール方法についてはこちらの記事「ワードプレスの「続きを読む」から#moreリンクを取り外すプラグイン2つ」をご覧下さい。

設定
custom-more-link-complete

画像に表示されているのは、初期設定のままになっている状態です。
「More Link Pattern:」にある『<a href="%permalink%" class="%class%">%linktext% %title%</a>』がアンカーテキストになる部分で、特殊記号の「%anchor%」がシャープでのリンクになります。

もうこの時点で「%anchor%」が使われていないので、すでにブログを確認すると「more-184」などは消えているはずです。
このままでもいいのですが、もう一工夫する場合は、下記のように変更します。

<a href="%permalink%" title="%title%" class="%class%">「%title%」の%linktext%</a>

これで検索エンジンからの評価が少しだけ上がったかもしれません。
もちろん劇的に変わるわけではありませんが、(正しい事の)小さい積み重ねがいい結果をもたらしてくれるでしょう。

※「title="%title%"」は外しても問題ありません。

2011年04月28日(木)

「Breadcrumb NavXT」パンくずリストを自動表示してくれるワードプレスプラグイン

パンくずリストとは、ウェブサイトやブログ内で今見ているページがトップページから見てどの階層(位置)にいるのかを示すものです。

詳細はこちらのブログを参照下さい。
簡単にまとめると「ユーザビリティ」と「SEO」にいいですよ!ってことです。

ワードプレスのプラグインで、これを自動で表示してくれるプラグインがあります。

良く使われているのが2つ「Breadcrumb Navigation XT」と「Breadcrumb NavXT」ありますが、前者は2007年からバージョンが止まっているようですので、後者の『Breadcrumb NavXT』を使う事にします。

2011年04月27日(水)

ワードプレスの「続きを読む」から#moreリンクを取り外すプラグイン2つ

ワードプレスの記事で<!–more–>を挿入した場合、それ以下の部分は「続きを読む」リンクになり、リンクURLは「http://example.com/?p=100#more-777」の太字の部分のように「#more」が付きます。

この#moreを取り除きたい場合、functions.phpを変更することでも可能なんですが、時間をかけたくない場合などはこのプラグイン「Custom More Link Complete」または「Custom More Link」が便利です。
いずれもリンク文言の変更と、moreリンクの削除などのカスタムが可能になります。

なおCustom More Linkの場合は、デフォルト設定だとmoreが付いたままなので、設定画面から「%anchor%」を消すことでmoreも消えます。

2011年04月27日(水)

ワードプレスのプラグイン「Contact Form 7」で設定しておきたい項目

Contact Form 7は、ワードプレスのプラグインで、メールフォームを簡単に設置できる便利ツールです。
インストール&やっておきたい初期設定を簡単に。

使い方は簡単、ここContact Form 7(ワードプレス公式)からダウンロードして、他のプラグインと同様「/wp-content/plugins/」にアップロード、またはワードプレス管理画面から検索してダウンロード&有効化します。

次にプラグイン一覧ページからContact Form 7の設定画面に進みます。

設定画面の「メール」項目の「宛先:」に、メッセージを受信したいメールアドレスを入力して保存ボタンを押します。

あとはこのフォームを使いたいページに下記のコードを記述します(デフォルトの場合)。

[contact-form 1 "Contact form 1"]

[]は半角にしてお使い下さい。上の例で全角にしてあるのは、ここで有効化されてしまうため。

これを記述したページにはメールフォームが設置されているはずです。

基本的な使い方は以上になりますが、今回はこれにプラスして設定しておいた方がいい、いくつかの項目をご紹介します。

  • © 2010-2020 試行錯誤 All Rights Reserved.